ミョウバン活用ナビ - 使い方とその効果とは?TOP > 主な効果 > 制汗作用について

制汗作用について

 

ミョウバンには制汗作用があります。

 

この性質は、古くは古代ローマの時代から利用されてきたと言われていて、現代でも多くの制汗剤に使用されていますね。

昔のヨーロッパでは、アルム石と呼ばれる結晶状のものが使われていて、携帯して消臭剤としても利用していたという記録が残っています。

 

ではなぜ、ミョウバンに制汗作用があるのかというと、その収れん作用によって汗を止めることができるからですね。

 

収れん作用というのは、人間の身体のたんぱく質に働きかけることで、組織や肌を収縮させることができる作用のことです。

 

このことで、汗が出るのを抑制できるので、多汗症などにも効果があると言われています。

 

また、ミョウバンを制汗剤として使用する利点は、汗を抑えることだけではないですよ。

 

脇の下などで強い臭いを発する原因となる、雑菌の繁殖を抑える殺菌・消臭作用があるんです。

 

皮膚表面を酸性の状態にすることで、菌が繁殖しにくい環境にしてしまうんです。

 

その結果として、臭いを消すという効果にもつながるので、ワキガなどの体臭予防にも使われることが多いですね。

 

使い方としては、単純にパウダー状にしたものを塗っておくのも良いし、水に溶かしてスプレー容器に入れたものを吹き付けるのも良いですね。

 

他にも、シャンプーや石鹸などにミョウバンを配合した商品も販売されているので、それらを活用することでも大きな効果が期待できますよ。

 

また、体臭が気になる人は、入浴剤などとしても使うことができるので、ぜひ毎日の入浴に活用してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

主な効果記事一覧

消臭効果について

ミョウバンには、汗の臭いなどを防いでくれる働きや、雑菌などの臭いを消してくれる作用があります。それは、ミョウバンが水に溶けることで酸性になることが理由として挙げられています...

制汗作用について

ミョウバンには制汗作用があります。この性質は、古くは古代ローマの時代から利用されてきたと言われていて、現代でも多くの制汗剤に使用されていますね。昔のヨーロッパでは、...

入浴剤としての効果

ミョウバン水を入浴剤の代わりにお風呂に入れることで、スキンケア効果が生まれるという事をご存知ですか?。やり方は、市販の焼きミョウバン50g程度を1Lほどの水に溶かしてから、...