ミョウバン活用ナビ - 使い方とその効果とは?TOP > 活用法についてA > 洗濯のすすぎに

洗濯のすすぎに

 

雨の日などに洗濯物が生乾きだったり、部屋干しなどをすると嫌な臭いを発することがありますよね。

 

そういった臭いの発生を防ぐには、ミョウバン水を混ぜることが有効な方法になりますよ。

殺菌作用と消臭作用によって、雑菌の繁殖を防いで嫌な臭いが出ないようにしてくれるからです。

 

作り方については、市販のミョウバン50gを水道水1.5L程度に溶かし込むだけです。

 

※なかなか溶けにくい場合は1〜2日浸けておけば大丈夫です。

 

この水溶液を、全自動洗濯機のすすぎのタイミングで400cc程度投入します。

 

そうすれば、すすぎの水と混ぜ合わさって上手く洗濯物に馴染んでくれますよ。

 

ただし、最初から入れていたり、入浴剤として水溶液を使った残り湯を活用する場合には、洗剤の泡立ちがよくないので洗浄力が落ちることがあります。

 

なので、必ずすすぎの際に混ぜるようにして、残り湯を使う場合では洗剤を多めに使うようにして下さいね。

 

ちなみに、洗い上がりの効果については、乾かした時に嫌な臭いが出るのを防いでくれますね。

 

さらには、その衣類を着たあとでも、汗をかいた時などに消臭・殺菌効果が持続するので、その臭いが染みたりといったことを防ぐこともできます。

 

靴下やTシャツなど、汗の臭いが気になる衣類には高い効果を発揮しますよ。

 

また、焼肉やタバコなどの臭いを取るのにも、洗剤を使わずにミョウバン水に浸けるだけで有効だし、洗濯物の色落ちを防ぐ効果もあります。

 

さらには、洗濯機に投入して使うだけで、洗濯槽のカビ取りをしてくれるといった働きまであるので、洗濯の際にはとても重宝しますよ。

スポンサーリンク

活用法についてA記事一覧

スキンケアに

ミョウバンを使って、肌を清潔に保つことができるという事をご存知ですか?特にハリのある肌にする引き締め作用については効果が高く、粉末状にしても水溶液にしても、肌に塗布すること...

洗濯のすすぎに

雨の日などに洗濯物が生乾きだったり、部屋干しなどをすると嫌な臭いを発することがありますよね。そういった臭いの発生を防ぐには、ミョウバン水を混ぜることが有効な方法になりますよ...

加齢臭対策に

ミョウバンを溶かした原液は、加齢臭対策にも活用できるという事をご存知ですか?そもそも加齢臭とは、ノネナールという皮脂腺から分泌される物質が持つ臭いのことです。このノ...