包茎手術でツートンカラーに?

包茎手術をすると、包皮を切ってむき出しになった亀頭部分がピンク色になり、今まであった根元付近の皮膚が黒っぽくなっていて、明らかに包茎手術をしただろうというようなハッキリとしたツートンカラーになってしまうことがあります。
今まで包皮に隠れていた部分の色は、包茎手術を受けた後時間が経つにつれて徐々に馴染んでくるものではありますが、どの程度分からないようになるのかは個人差があります。
環状切開という包茎手術をすることで、こうしたツートンカラーになってしまうので、ペニスの見栄えも気にするという方でしたら、環状切開以外の包茎手術方法を選んだほうがいいかもしれません。
また、医師の腕によっても仕上がりに違いがあるので、腕の良い医師を選ぶことも大切です。
包茎手術俺のガチ体験談!麻酔から術後まで【上野クリニック本音口コミ】