プロバイダは業者同士が競い合っているので選択方法もいろいろと出来ています

プロバイダは群雄割拠しており、選択方法もいろいろです。
でも、キャンペーンでキャッシュバックをやっていたり、2,3か月の無料期間がついたり、毎月の費用が格安と謳うプロバイダに即決するのは失敗の元でしょう。
どんな目的でネットを利用するかにもよりますが、通信スピード、安定性等を重視して選んだ方が良いでしょう。
ネットを光回線で行うことで、Youtubeを筆頭とする動画サイトも滞ることなく観る事が可能になると考えられます。
回線が遅いものだと途切れた状態の動画になったり、大きなファイルを送信する場合にタイムロスになりますので光回線のような高速回線がよいです。
引っ越しをした機会にプロバイダを今までと違う会社にしました。
プロバイダを変えた後も、それまでのプロバイダとあまり違いを感じたりしないので、プロバイダを変更して良かったな、と思います。
プロバイダなどの契約は2年ごとの更新の際にもっといいところはないか考えてみるといいのではないでしょうか。
wimaxのデータ通信であるなら速度の制限がないため仕事でPCを使っている方でも不安なく使うことが可能だと感じます。
PCで通信するぶんには、スマーホフォンなどのモバイル端末に対して、ベージの容量も多くたちまち通信量が増えるので通信制限なしは嬉しいです。

NTT西日本の光ファイバーは?光激戦区【各種割引制度は要チェック】