夜行バスは寝心地もいいの?おすすめはどこ?

長距離移動の課題として挙げられる時間の有効活用法は夜行バス移動の悩みどころのひとつとして挙げられるでしょう。

寝ている間に着くという意見もあるかと思いますがどうせなら仕事や趣味に利用したいと考える人もいることでしょう。

それぞれのホームページをチェックすると無線LAN搭載の車両があるバス会社もありました。

ネットを使って仕事をしたりゲームを楽しんだりしたいときにも嬉しいですし、スマホやタブレットの携帯率が増えた現代ではかなりの需要があると思われます。

当然ですがパソコンやゲーム機を使うときには光や音に配慮して楽しみましょうね。

ニュースで大型車の事故を見かけることがあります。

大きく取り上げられていたこともあり気になっているという人も多いかと思います。

高速道路は名前の通りですが多くの車が一般道と比べてもスピードを出して走っています。

車が大きくなればその分運転技術も必要になってきますし速度が速ければもちろんかかるパワーは甚大です。

事故率でいえばそれほど高くないようなのですがマンパワーに頼った乗り物であることと相まっていざとなると大きな事故になり得るのかもしれません。

時間がかなりかかるというのは長距離バスの難点のひとつ。

移動が長くて疲れる...という人のためにいくつか対処法を考えてみました。

暇な時間がつらいという人にぴったりなのがモニター付きの車両。

下を向いて本やスマホを見ると酔うという人でもこのモニターなら座席の前についているので酔いにくいと思います。

それから座った姿勢でいるのが苦しいという人は首や腰を支える枕を用意したり、もしくはフルフラットに近いくらい座席を倒すことができるバスに乗ってみたりすると良いかもしれません。

休憩時間の軽いストレッチやマッサージも疲れには効果的です。

気の合う人たちとの旅行に思いを馳せながら毎日仕事や勉強を頑張っているという人もおられるでしょう。

そうすると時間もお金も無駄に浪費するわけにはいきません。

お得に観光するために有効な手段の一つとして移動に長距離バスを使ってみるというのはいかがでしょうか。

料金的なメリットが大きいのですが他にも選ぶ理由はあります。

昼間なら最近流行りのSAで移動中も楽しめるでしょうし、夜行を使うなら出発を仕事が終わった夜に設定して次の日の朝から旅先をまわったり名物を食べたりすることも可能です。

楽しい旅行ですから存分に満喫したいですよね。

いろいろな乗り物でお得な回数券が販売されていてこれは1回分余計に乗れたりしてお得なのですがただでさえ安い夜行バスにもあるのでしょうか。

サイトなどをチェックしてみますと窓口で販売されている会社がありました。

同じ路線を何度も使う予定があるという人は購入した方が絶対お得だと思います。

ただ購入日からの有効期限もあったりしますし6枚など多めのつづりで販売されていたりするので期限内に使いきる算段をたてなくてはいけません。

購入前に払い戻しについても調べておくと良いと思います。

長距離を移動中に気がかりなことと言えばモバイル端末のバッテリーの残り。

隙間時間だけいじっていたつもりでもあっという間に残りがピンチ!と焦ったことがある人は少なくないでしょう。

充電ができる乗り物には身近なところで新幹線がありますがなんと夜行バスにもコンセント付きで使えるものがあるそうなんです。

とある情報サイトでは特集が組まれるほどの人気ぶりで注目度の高いサービスであると考えられます。

またそれぞれの座席に設置されているというのも便利ですよね。

バス会社のホームページを見ると入り口付近を乗降場所としたディズニーランド行きの夜行バスが山ほどあります。

参照:夜行バス寝心地はいいの?快適さと安心!【オススメの座席ってあるの?】

日本中にファンがいる国内屈指のテーマパークなわけですから毎日のようにバスが発着しているのも頷けます。

渋滞などがなければ大体現地に到着するのは開園時間の前なのでパークの営業時間をすべて思う存分満喫できます。

さらに移動費が安いのでその分食事やお土産にまわすことができる分も増えますし、余った分を貯めて訪れる回数を増やせるかもしれないのです。

多くのメリットがあるからこそ利用者が絶えないのでしょう。

ネットで見られる夜行バスランキングでよく見かける会社に関するクチコミ等評判をまとめてみました。

まず夜行バスが多く運行されているVIPライナーですが設備の良さや特有のサービスなどが高評価のようです。

そしてサンシャインツアーは格安というのが一番のウリらしくパックツアーも充実しているので利用者に選ばれているようです。

またピンク色のバスでよく知られるWILLEREXPRESSはバスの種類も多くサービスも細やかな点が人気のようです。

少し調べただけでも数多くの会社が見つかりますが予算だけでなく安全面をどれだけ大切にしているかも考えたいところですね。

夜行バスの乗車券はどうすれば手に入るのか?という人のために予約方法についてご紹介したいと思います。

利便性が最も高いのがなんといってもネット。

空席状況の確認や席の指定がリアルタイムで簡単にできますし実際乗るのはどんなバスなのかなども画像で確認することができて便利です。

それから電話もオーソドックスな手段でしょう。

対人なので聞きたいことがあれば聞けるのが強みですね。

また一部の会社では直接窓口で購入できたり近所のコンビニにある端末で買えたりするところも。

どの方法が利用できるかバスを選ぶ前に確認しておくと良いでしょう。

最も安い移動手段のひとつとして夜行バスが知られていますが往復料金でもう少しお安くすることも可能なのでしょうか。

調べましたところ行きと帰りで同一区間である場合にはさらに格安で乗車できるようなのです。

その適用にはバスでの出発前に行きと帰りの分をまとめて事前購入しなければならないそうです。

とはいえそういった割引がない路線もあるらしいので割引があるかどうかは事前に確認しておくと良いでしょう。

まあもとから格安の料金設定なので期待しすぎない方が良いかもしれませんね。