無収入の人でもカードローンは借りられるの?

直接要点をついて言えば、借入はゼロ収入の夫に養ってもらっている人でもいけます。
例えを出すならば、無収入で、パートナーの同意が得られない場合であっても、借入総額の制限の対象外であるお金の貸与や預金を行う金融機関のカードローンであれば、パートナーにバレてしまうことなく借入することが可能です。
ローン返済に窮してたとえ1回でも債務整理をしてしまうとカードローンは一切利用できなくなります(ごく一部の例外はあります)。
 その理由は、債務整理を行った事実が信用情報機関に保存されているためで、この事実が信用情報に残っている期間中は他の貸付契約も全てできません。
最低5年が信用情報の保存期間なので、カードローンの再利用には、その年限が過ぎるのを余計なことをせずに待ちましょう。
本人確認をする時に簡単に確認ができる暗証番号は、カードローンを申し込みする時に設定することもあるものですが、人に教えたり、忘れないように、メモをとったりして大切に保管してください。
もし、自分以外の人に知られてしまったら、カードを盗まれてしまい勝手にキャッシングをされてしまうかもしれません。
また、暗証番号を忘れてしまった場合には本人確認ができる書類を店頭、契約機まで持って行くと、新たに設定することができます。

カードローン学生でも借りられる?借入れ基準調査!【審査通りやすい?】