人気のプロミスのWEB完結について

消費者金融と言うとサラ金や怖い人というものが連想され暗い、怖いというイメージを持つ人が多いです。

バブル崩壊期は酷いもので法律を無視した暴力的な取り立てや自宅や会社へ押しかけて取り立てるといった行為が横行していました。

近年、ようやく法律が改正され銀行傘下に入る企業が増えたことにより法律順守の意識が高まってきたのでブラック企業は改善されつつあります。

最近では、テレビCMに人気タレントを起用するなど借金を匂わせない内容でイメージアップを狙っています。

しかし一方でイメージ戦略に偏りすぎてしまっているCMも多く何のCMだか全然分からないという声聞こえてきます。

消費者金融は銀行に比べてお金を借りやすく数年前までは、簡単な手続きで借り入れることができました。

当時は、現在のようにきちんとした法整備が確立されていなかったため、現在の規定よりも高い金利で借り入れていた人がいたようです。

これが、テレビやラジオのCMで呼びかけられている過払い金というもので現在の規定で計算し、多く支払い過ぎた金利を意味します。

過払い金は返還してもらう権利があるのですが、過払い金が発覚した場合の払い戻し請求には期限があります。

完済した日から10年経過すると時効になってしまい過払い金の請求権を失いますから心当たりがある方はまずは法律相談事務所に相談することが大切です。

複数の消費者金融から融資を受けている人は多重債務者と言ってどこからも融資をしてもらえない可能性があります。

急な飲み会や探してた欲しいものが見つかったなど予定外の出費に、給料日までお金がないということがあると思います。

そんな時頼れるのがカードローンです!カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人も不要で手軽に借り入れることができます。

最初はおっかなびっくりな人でも、一度カードローンを利用すると簡単にお金を手に入れられるので預金を引き出す感覚で、次々に借りてしまう人も多いようです。

そのような借り入れ方だと、あっというまに限度額に達してしまうため他のプロミスのカードローンと掛け持ちすることになりかねませんので注意して下さい。

消費者金融プロミスのキャッシングの審査というのは比較的審査に通りやすいとされているので審査に落ちる人には、なんらかの原因があると思います。

まず、過去に自己破産をした人や返済が滞った事がある人はブラックリストに入っている可能性があります。

消費者金融には貸金業法に基づいた総量規制があり年収の三分の一を超える借り入れは不可という規則に引っかかっている可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円が限度額という事になるのですが、すでに他社から50万円の借金がある場合は新規のカードローンでは50万円までということです。

又、複数の金融機関から借入がある人は多重債務者といい、どの消費者金融でも融資を受けることは難しいでしょう。

借入しやすいのが特徴ともいえる消費者金融ですが審査能力は非常に高いです。

審査のハードルが高いとされる銀行カードローンですが、実は審査しているのは消費者金融業者なのです。

貸金業法が改正されたことによって大口融資ができなくなった消費者金融業者のほとんどは銀行グループの関連企業の傘下に入る道を選びました。

一般的なイメージでは消費者金融と比べて銀行の方が全てにおいて長けていると思うかもしれませんが審査能力に関しては消費者金融プロミスの方が数段上手(うわて)です。

銀行業務はあくまで業務の一部として金融も行っているだけにすぎませんので融資をメインとする消費者金融の方が、与信審査の専門性がはるかに高いのです。

お金を融通してくれる金融機関はたくさんありますが大きく分けると銀行とノンバンクの2種類に分けることができます。

一般的にノンバンクというのは銀行以外の融資機関の総称で消費者金融やクレジットカード会社、信販会社などがあります。

クレジットカード会社や信販会社というのは、商品代金の立て替え業務がメインとされていますが利用限度枠内であればプロミスの借りやすいキャッシングサービスも受けることができます。

一方、消費者金融は貸金業務専門の金融機関ですから限度枠内ならば何度でも借り入れと返済が可能なことが特徴です。

銀行と消費者金融プロミスの違いは業務内容です。

引用元:プロミスWEB申し込みできる?ネットで完結!【借り入れ体験談】

銀行は金融以外にも為替や保険など多岐にわたり様々な商品を取り扱っています。

消費者金融は法律の改正やCMでのイメージアップで怖い、ブラック企業というイメージから払拭されつつあります。

最近では就職先としての人気も上昇中なようなので消費者金融プロミス業界について業務内容や労働条件をみていくことにしましょう。

業務内容ですが債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済遅延者に電話やメールで督促知らせを出すという業務があります。

就職に際して必ずしも取得しておくべき資格はありませんが責任者に昇格するには「貸金業務取扱主任者」の資格を有していなければなりません。

気になる年収ですが大卒の初任給で20から30万円程度でノルマ達成するなど成果を上げればボーナスという形で評価されます。

金融機関で高評価を獲得している理由は金利が安くて、スピード審査、手続きが簡単などといった理由があります。

ですが、消費者金融は総量規制があるのでサービス内容で他社との違いを出すのは難しく限度額も借り手によって異なるので、評価の要因にはなり得ません。

人気ランキング上位のデータを見比べてみてもいずれの消費者金融プロミスも審査時間が最短30分であったり、金利は最大18.0%程度なので大きな違いはありません。

条件云々よりも、スムーズに手続きが完了するかどうかや自動契約機や、提携ATMが多いことのほうが人気の秘訣のようです。

又、CMに起用される芸能人の好感度やCMから伝わってくるイメージも大きく影響していると思います。

普通、消費者金融のプロミスのキャッシングの金利というと銀行カードローンよりも高金利になっていることが多いです。

消費者金融のプロミスのキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%が一般的ですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)ですから、明らかに金利が低いことがわかります。

消費者金融の最大貸出限度額は500から800万円となっていることが多いのですが銀行カードローンの最大貸出限度額は一部の銀行を除いて800から1 200万円と高額です。

反面、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融プロミスのキャッシングは事業用資金に使用を認められていることが多いです。

又、銀行の場合は要口座開設などといった条件が付きますが消費者金融の場合は預金機能がないので、取引銀行口座を自由に設定できるメリットもあります。

消費者金融プロミスのキャッシングと銀行のカードローンには違いがあるってご存知でしたか?両者それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のプロミスのキャッシングのメリットは審査時間が早いことや、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較すると高金利であったり、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法と法律が異なっており貸金業法には総量規制と呼ばれる特別な規制がかかっています。

これは、借り過ぎに歯止めをかけるために制定された規制で借り手の年収の1/3を超える借り入れを禁止した内容です。

ただし、住宅ローンのような担保があるローンは除外されカードローンやプロミスのキャッシングといった無担保ローンにだけ適用される規制となっています。